WR blog

about Enterprise IT, Oracle Database, Jazz/Fusion Music, etc…

WR blog RSS Feed
 
 
 
 

PofEAA 7thこのエントリをはてなブックマークに登録

参加してきました。今回は発表はなしでした。

TableDataGateway (わたなべさん)

読書会の議論でも発言させていただきましたが、TableDataGatewayは(非常に荒いレベルの)オブジェクトの設計方針について、わかりやすい指針を示しているものに過ぎないと考えます。

  • 具体的な対象と照らし合わせた上での、責務の範囲 : 具体的には・・・RDBの構成要素(テーブル、カラム、複数テーブルなど)を相手にするGateway一般の中で、TableDataGatewayは、テーブル(もしくはテーブル類似のビューなど)を相手にする。責務の範囲をテーブルとする
  • クライアントから見た場合のインスタンス関係。もっと言えば、アイデンティティ。:具体的には・・・TableDataGatewayは1テーブルにつき1個。(テーブルの数は簡単に数えられる(苦笑)ので、インスタンスのアイデンティティも容易に理解できる)

RowDataGateway (和田さん)

あとで書きます。

ActiveRecord(inoueさん)

Railsのデモが中心。やっぱRailsすげー!

ちょっと気になったのは、Railsの実行モデル。あれだけ評価・処理実行・自動生成が走るとなると、CGIでは・・・きついよね。多分。

議論を聞いて。

ビジネスロジックの割り当て、データアクセスの議論が混在している印象。 ここは分けて話さないとまずいっす。

せっかくファウラーたんが、整理してくれているのだから。(わかりにくいけど)

角谷さんの意見に同意

わからない部分を曖昧に、抽象的に触れて流すよりも、わからない部分を明確に提示し、自分が理解できている(と思っている)部分を具体的に示すほうが良いと思う。ここはそれが許される「場」であると思います。

言い方を変えれば、せっかくなんだから燃料を投下しましょうよ。 どんなに炎上しても誰かが整理してくれるし。となるかも。

資料(半)公開希望。

再度資料を見て、記憶を呼び戻したいので。 懇親会で酔っ払ったので、良く思い出せないというは秘密。

戦果

ogijun氏が蔵書の一部を販売していたので、以下の2冊を購入。

  • ユースケース実践ガイド 1500yen : 最近、プロセス屋さんの世界で next ユースケースが熱いらしいので、あらためて基礎を抑えておこうかと。
  • ソフトウェアエンジニアリング基礎知識体系 600yen : なんか、書き物書くときに便利そうじゃない?たとえば・・・「IEEE xxx では、~における特性として、a) ・・・性、b) ・・・性、c) ・・・性、が求められている。本ドキュメントでは、a) ・・・性の・・・について記述する。」とか。

懇親会

獄長!獄長!獄長!ry)

このエントリをはてなブックマークに登録

5 Responses to “PofEAA 7th”

  1. 1
    naoya:

    昨日はありがとうございました。

    Rails の実行環境ですが、CGI でも動きますが普通は lifhttpd + FastCGI とかで動かすようです。Perl なアプリケーションを mod_perl や FastCGI で動かすのが普通というのと同じようなものですね。

    あと、Ruby の世界では FastCGI >>> 超えられない壁 >>> mod_ruby なようです。

  2. 2
    WR:

    > Ruby の世界では FastCGI >>> 超えられない壁 >>> mod_ruby なるほど。Rubyは仕事用シェルスクリプト言語として愛用しているのですが、 Webの運用・実行については、とんと弱いもので・・・。情報ありがとうございます。

    > 昨日はありがとうございました。 こちらこそ有意義な議論をありがとうございます。 PofEAAの出席者はJava, PHP, Ruby, .NETな人が多く、 Perlな人は少ないようです(すくなくとも私の知る限りでは) 是非、Perl的EAAな話を聞かせていただきたいなぁ。などと思っております。 機会がありましたら是非、是非。

  3. 3
    bakock:

    あれっ、DataMapperは? それはともかく(w、資料の共有はどうするのがいいですかね。全公開は問題ある気もしますし。 あと、nextユースケースkwsk。

  4. 4
    WR:

    > あれっ、DataMapperは? ・・・・ # 万が一自分の発表があったときのための予習モードに入っていて、ほとんど聴けていませんでした。すまぬ。 > 資料の共有は MLアーカイブと同じqwik.jpでも使うのがいいかもしれません。あとでMLに打診してみます。 > あと、nextユースケースkwsk。 アスペクト指向分析・開発プロセスとか、SoftwareFactoriesとかそこらへんのです。 # よくわかっていないので、突っ込まぬよう(笑)。

  5. 5
    bakock:

    あ、永遠のユースケース厨Ivar JacobsonのAOSD with Use Cases とかのあたりですかね。

Leave a Reply

Profile

渡部亮太 / Watabe Ryota
代官山在住のOracle Database Engineer。 株式会社コーソル所属。講演/講師業もぼちぼち。書籍「プロとしてのOracle運用管理入門」「プロとしてのOracleアーキテクチャ入門」買ってくれるとうれしいなっと。 twitter:wrcsus4

Book



Other Works

Certifications

  • Oracle Master 10g Platinum
  • Oracle Master 11g Gold
  • Oracle Master Silver Oracle PL/SQL Developer
  • Oracle Master Expert 10g RAC
  • Oracle Master Expert Oracle on Linux
  • LPIC level2
  • CCNA
  • 日商簿記3級

Contact

wrcsus4 _at_ gmail _dot_ com

Archives

Recent Posts

Recent Comments

Categories

Tags

Meta